派遣や単発バイトといった働き方

看護師の働き方としては常勤が一般的ですが、現在は派遣や単発バイトなどの働き方も選択肢となっています。

派遣や単発バイトで働くメリットは、比較的に時給が高いことがあります。
エリアや勤務先にもよりますが、月収ベースでも常勤と殆ど変わらない収入が得られます。
単発バイトの場合はサービス残業などもなく、勤務した分はきちんと支払われます。
特に夜勤で22時以降の勤務となれば、夜間割増しとなって一層収入が増加します。

派遣や単発バイトの仕事としては、製薬会社の電話オペレーターやツアーナース、医療機関の夜勤専門看護師などがあります。
病院の看護職では経験できないような、特殊な業態もあります。

近年需要が高まっているのが、訪問看護や訪問入浴など介護サービス関連の仕事です。
常勤の看護師が健康や家庭の事情で勤務できない場合などに、ヘルプで入ったりします。
その場合でも基本的に日勤となり、残業や夜勤は課せられないのが一般的です。

派遣や単発バイトの看護師として稼ぎたいなら、夜勤専従の求人に応募するのも一つの選択肢です。
日中は時間を自由に使えるので、資格試験の勉強などに当てられます。
夜勤だけを専従で行えるのは、単発看護師ならではの強みでもあります。

また、単発バイトの看護師は希望すれば常勤になれることもあるので、自由度の高い立ち位置にあると言えます。
自分のライフプランに応じて、有利な勤務形態をじっくり検討でき、職場環境についても冷静に判断することができるのが魅力です。