仕事と育児を両立できる環境

看護師は高齢化や国民の健康に対する意識の高まりなどから、医療機関や福祉施設、民間企業など様々な場所で必要とされています。
一般的に、看護師は仕事上で様々な病状の患者に対応するためストレスが溜まったり、人手不足により残業や休日出勤を命じられたりすることも少なくありません。
そのため、結婚や出産を機に退職を決意する人も少なくありません。

そうした問題に対処するために、様々な業界で看護師が仕事と育児を両立しながらキャリアアップができる環境を整えようとする取り組みが行われています。
例えば、法律で定められている産休や育休の日数よりも長く休暇を取れるところや、職場復帰後のサポートが手厚いところは、多くの若年層の看護師の間で人気が集まっています。

また、大人数の医療従事者が働いている総合病院などでは、育児中の看護師を対象とした託児所を設置しているところもあります。
そのため、不規則な勤務が多い人も、安心して子育てに励むことが可能です。

若手の女性看護師が多く活躍している医療機関においては、担当する患者の人数に応じて産休代替のスタッフを増員したり、一時的にバイトとして採用したり短時間勤務を選択できるようにしたりするところも増えています。

なお、育児のしやすさについては、実際に現場で働いてみなければ分からないこともありますが、就職前に若手の看護師の受け入れに積極的な職場の見学をしたり、人事担当者や看護師長などから話を聞いたりして、就職後のイメージを膨らませることが大切です。